新成薬局 本店二番館 調剤事務 M.Sさん

すべては患者さんの笑顔のために 薬局を明るくする存在でありたい。

M.Sさん

新成薬局 本店二番館/ 調剤事務 2011年中途入社 神奈川県出身

調剤事務になろうと思ったきっかけは?

人と関わり合う仕事に就きたかったから

人と接して、人のお役に立てる仕事を探したところ、医療事務という仕事を知り、資格を取得し、はじめは皮膚科のクリニックで働きはじめました。その後、勤務時間数を伸ばすべく、新たに仕事を探していたところ、新成堂という会社にめぐり合いました。入社当時、先輩方が調剤事務のあらゆる仕事や接客のノウハウを丁寧に教えてくれたので、直ぐに馴染むことができました。仕事に迷ったとき、困ったときに相談しやすい社風は新成堂のよいところだと思います。

仕事をする中で、心がけていることはなんですか?

今できる最善を考える

メンバーが働きやすいよう、一歩先を考えて行動するように心がけています。 指示を待つよりも自ら判断して動くことで、薬剤師が丁寧かつスピーディーに患者さんのご要望にお応えできると思います。また、何より患者さんに喜んでいただけると思います。そうした行動の積み重ねが患者さんやメンバーの信頼につながると思います。「新成薬局 本店二番館」では、私に限らず、全員が業務全体の状況を考え、支えあいながら働いています。
元気な挨拶が溢れる明るい職場にしよう。愛と貢献で相手を勇気付けるが私の使命だから

新成堂に入ってよかったと思うことは?

患者さんの笑顔に寄り添えること

検査の結果から不安を抱く患者さんも多くいらっしゃいます。 お薬に関する話は薬剤師の仕事ですが、その他に関することは、私たち調剤事務もお役に立てることがあるかと思います。答えがほしいわけではなく、ただ話を聞いてほしい方もいらっしゃるので、可能な限りお話には耳を傾けるように心がけております。お帰りの際には笑顔で「ありがとう」「聞いてもらってよかった」という声をいただくと、こちらも元気をもらえるし、うれしい気持ちになります。

全員が業務全体の状況を考え、支えあいながら働いています。

「ありがとう」「聞いてもらってよかった」という声をいただくと、こちらも元気をもらえるし、うれしい気持ちになります。

今後の目標は?

新しい患者さんにもまた来てもらえるような 薬局の雰囲気づくりを

また来たいと思っていただけることが大切だと思います。 薬局内の雰囲気は、私たち従業員が思っているより、患者さんに伝わります。 薬局の雰囲気づくりにおいて、チームワークは大切だと思います。スタッフ同士が、居心地もよく前向きな姿勢で仕事に取り組んでいれば、おのずと薬局の雰囲気もよくなると思います。忙しいときは、お互いにサポートして誰か一人が抱えることのないような薬局内の空気を作っていきたいと思います。

私のオフ

ライヴ

昨年は、EXILE、三代目J Soul Brothers、セカオワ、安室ちゃんのライヴに行きました。今年はさらに多くのライヴに行って、盛り上がりたいです。

薬局近くのお気に入り

イタリアン料理 La salus

薬局のメンバーとも忘年会、飲み会で利用させていただいております。アットホームな雰囲気で、料理もおいしく、お酒の種類も豊富です。

代表新関からのありがとう

いつも元気で笑顔がさわやか

調剤事務は未経験だったと思う。 未経験の人はみんな心配するんだけど、持ち前の明るさと元気で、すぐ一人で店舗を任せられるようになった。いつもありがとう。 店舗のムードメーカーとしてこれからもよろしく。